2014年06月18日

川のお昼ごはん

先週末、岩手へ釣りに行って、新しい「お昼ごはん」を試しました。
ええ、新しいロッドとか、新しいフロータントとかじゃないです。
お昼ごはんです。

一応釣りの話をしますと、目当ての川はどこも増水ぎみで、水が少なめの川を探してなんとか釣りになったぐらいな感じでした。
最初に見に行った川なんて、周囲にはまだどーんと雪渓が。

sekkei.jpg

両日とも釣れたのはヤマメばかり。水多めのときはヤマメ優勢みたいですね。

yamame.jpg


さて、お昼ごはん。
里川ならおそば屋さんに入る場合もあり、日帰りならお弁当持ってく手もありますが、コンビニで買って行くことがほとんどです。
おにぎりかパンに野菜ジュース、予備にチーかまかギョニソか、その手のもの・・・しかし、これが今ひとつ。
メシとしてさみしい。栄養になるって気がしない。

困ったにゃあ(なぜ猫語)。

kawa.jpg

そこで色々考えて、「焼き米フレーク」を入手。
玄米を焼いてのしたもの、要するにでんぷんに熱を加えてアルファ化し、乾燥させたもの=アルファ化米ですね。それをさらにフレークにしたと。
お湯はもちろん水でも戻る(お湯は数分、水なら1時間程度)手軽さから「山ガールもご愛用」とか。
じゃあ「川婆もご愛用」にしてもいいでしょ、ということで。

さて、この焼き米フレークをベースに
・昆布の細切り 普段のだし用
・いりこ 普段のだし用
・干しキャベツ、干しニンジン これは自家製
・梅干し(種を抜いてちぎったの) これも自家製
・シメジ、昆布、フキの佃煮 これは頂き物
など、そのへんのものを適当に入れ、ジップ袋に入れて混ぜるだけ。

実際に川へ持って行く容器はとりあえず、壊れたイワタニのミルサーから取っといたプラスチック容器
(貧乏性でこういうものは捨てられないのよ。)
保存用のねじぶたで水を入れてもこぼれないし、大きさも具合がいいです。

朝、川へ出かける前に、ここに上の焼き米ミックスを入れ、ひたひたの水を注いで、ふたをして、携帯。
で、お昼時。ふたを開けると、こんな感じ。

yakigome.jpg

見た目わるー。
でも、おいしかったー。だしも出て、風味があって、米もやわらか。
普通のお米のようなモチモチ感はないものの、焼き米フレーク、すっかり気に入りました。

これなら、混ぜるものによって変化を付けられそうです。
タンパク源として入れたいりこの代わりに、ちりめん山椒やかつおぶし、鮭ほぐし、あるいは粉チーズ、角切りプロセスチーズでもいいかな。
ただし、特に夏は、水を入れてからいたまないよう工夫しないといけませんね。今回梅干しを入れたのもそのためです。



お昼ごはんとは全然関係ありませんが、下は、ある川近くのひっそりした池の写真です。
ちょっと見にくいけれど、木の枝にたくさん付いている白い泡は、モリアオガエルの卵かと思います。
東北も夏ですね。

kaeru.jpg



posted by river at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年02月27日

「創刊の詞」

川の地図」の更新が止まっている理由というか、言い訳の一つが、国土地理院の地図が変わることです。
「来月末頃をめど」に、旧版の地図が提供されなくなると。
そのためデータ書き直しをしているわけですが、いつものごとく、なかなか進みません。
しかしこれをやっておかないとどうしようもない。泣きながらやらざるを得ません。

しかも間抜けなことに、ついこのあいだまで、「提供停止は来年だ、余裕だね♪」なんて思ってました。
平成○○年とか書かれると、ちょいちょい間違うのよねー。西暦にしてほしいわよねー。
ええ、これも言い訳ですけれども。

そんな中、川について知りたくて読む本や雑誌は、ひと時のオアシスです。
先日、雑誌「つり人」を買いました。この雑誌を買うのは何度目かですが、初めて、「創刊の詞」に気付きました。
この文章も日付は年号ですが、さすがに第二次世界大戦終戦後約1年の頃であることはわかります。

この文章がとてもいい文章なので、書き写しておこうと思います。
(*原文はすべて旧字、旧かなづかいですが、「送る」だけは旧字が変換できませんでした。)

戦争反対。自由ばんざい。


創刊の詞(昭和二十一年七月一日)

 釣は、人類の原始時代から、吾々と深い因縁を持つてゐるらしい。子供は、すべて釣を好む。吾等の遠い祖先のやうな無心のすがたで、子供は釣つてゐる。
 釣らう。無心の姿で、釣をするために釣らうではないか。
 戦時中は、時局に調子を合はせるために、心身の練成であるとか、體位の向上であるとか、健全娯樂であるとか、いろいろの理屈をつけて竿を舁ぎだした。そして、世間に憚ること一通りや二通りではなかった。
 釣は、元來そんなものではない。人間の生活の、ありのまゝのものだ。釣することは、なにかの爲になるなどゝ考へるのは、もうそれは釣ではない。靜かに、釣らう。虚心の姿で竿を握ろう。
 吾等同好の者數人相謀つて、このたび釣魚雜誌「つり人」を創刊することに決した。吾等はもとより、釣の職業人ではないのである。街の素人である。釣場についても、釣法についても、幼い知識しか持たぬ。從つて讀者諸賢に、釣法の指導も、釣場の案内も滿足にはできまいと思ふ。しかし、なにかの相談相手だけにはなれようと思ふ。
 そんな氣持で、雜誌を制作したい。そして、讀者と共に樂しく遊び樂しく釣らうと考へるのである。
 これからは、ますます用紙の不足を告げて行くらしい。印刷方面のことも、意に任せぬことがないのである。しかし吾等は、あらゆる困難を克服して、出來得る限りの豪華な、明朗な、そして着實な雜誌を多くの釣人に送りたいといふ方針のもとに努力しよう。
 いつまでも、ご指導とご愛讀とをたまわらんことを希ふ次第である。

posted by river at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) |

2013年11月21日

公害、高度成長、解脱

いつから書いてないんだろうこの日記。自分のことさえままならぬくせに、ひと様のお手伝いなんか始めたりして、日記どころか「川の地図」の更新も止まっております。
結局いろんなことが半端なまま、年が暮れていきます。こういうのを「例年どおり」とも言います。

再開のリハビリに、仕事や資料(Web上にあるPDFなど)以外で読んだ本でも書くかと思ったら・・・忘れてる。見事に忘れてるわ。恥ずかしい。何のために読んだんだろう。
うちのだんさんが忘れっぽい人で、よく「いいなー、毎日が新鮮でー」なんて言って笑うんですが、これじゃ笑えませんね。

そうです。たいていの場合、人のことは笑えない。

さて覚えてる分の書名だけでも。まだらに読んでまだ読了してないのも含む。 *リンク先はAmazonです。
地形工学入門』(今村遼平著/鹿島出版会)
終わらない河口堰問題』(伊東祐朔著/築地書館)
四大公害病』(政野淳子著/中公新書)
黄泉の犬』(藤原新也著/文藝春秋)
地図はどのようにして作られるのか』(山岡光治著/ベレ出版)

このうち『黄泉の犬』を読んだのは、今年、水俣条約の外交会議がほかならぬ水俣で行われた、というニュースに触れたのが直接のきっかけです。いろいろと調べているうちに、オウム真理教から公害や高度成長に思いをはせた人が自分のほかにもいたと、最近知ったわけです。

1995年5月、ノートにこんなことを書いてました。

オウムの教祖がつかまってから、いろんな人がいろんな分析や見解を言っている。社会構造がどうとか、集団の特性がどうとか。いつかきっと頭のいい人が言ってくれるだろうけれども、やはり歴史を考えないと。現象、現状の整理だけでは、決してわけはわかるまい。

どうしても高度成長が気になる。はやく伸びすぎた背丈のぶん、間のびしてしまった背骨のように、私たちには何かが足りない。あるいは、つくることふやすことに熱中する傍らで、こわれて消えたものが、あまりに小さく見積もられすぎている気がする。工業化の過程で自然が破壊された、などという、決まり文句のかげに、もっと大きな闇がある。

高度成長期、貿易立国という国是にのっとってなされたことのすべては、この国をまるごと工場にすることだった。そのために道ができ、水は「用水」となり、制御のための機構は都会に集中した。(中略)いわば工場の中で、駆除しきれない虫かなにかのように、生きてきた。オウムは、その根において、救いがたいほど日本的なやり口で、高度成長をなぞったのだ。

成長の夢を捨てきれない現代日本人が、洗脳された人々を笑えるか。



「この世に進歩などというものはない。あるのは変化だけ」って言ったのは、三島由紀夫? 子どもの頃どこかで読んで、ああそうだねと腑に落ちた覚えがあります。
人は「進歩」「成長」みたいな幻想と、その幻想の中にいる高揚感が好きみたいです。高度成長期には、そんな高揚感の中にいた人、いたいと願う人が、多かったことでしょう。ぼんやり思うに、それはオウム真理教の夢見た「解脱」によく似てたんじゃないでしょうか。

すべてを得て、欲望から解放されることと、すべてを捨てて、欲望から解放されることと。

最近では「戦後体制からの脱却」「美しい日本」なんて言葉を聞くたび、「解脱」に似てるなあと思います。


posted by river at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |